サイトのメンテナンスを行っています。ご不便をおかけします。

脱毛サロンで働く私のヒゲ脱毛、全部見せてあげる

ヒゲ脱毛についてネット検索していると「実際に脱毛を仕事にしている人って、ヒゲって脱毛してるの?」と気になったことありませんか?

[chat face=”icon-150×150.png” name=”ヨナガ” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]情報がありそうで、ないような…[/chat]

私は、自身の脱毛肌を「サロンのカタログ」として考えているので、脱毛に興味のある人には平気でご覧いただいているタイプです。

とりわけ、これから脱毛してみたいと検討している人にとって、実際にクリニックや脱毛サロンで働く人の脱毛の仕上がりを見てみると、そこに脱毛に通った場合に期待できるヒゲ脱毛のバロメーターにもなるのではないでしょうか。

【ゲイ脱毛学園】では、実際に私自身のヒゲ脱毛の経過や結果をご覧いただいて、あなたが脱毛に挑戦するきっかけになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

脱毛開始時のヒゲの状態(2015年3月)

脱毛開始時のヒゲの状態(2015年3月)
脱毛開始時のヒゲの状態(2015年3月)

ということで、今回登場するのはこのサイトを運営している私自身です。
年齢は30代終盤、本業は芸能界で歌をうたう人。

10代の頃から青髭に悩んできて、

  • 2007年:医療レーザー脱毛(ロングパレスアレキサンダーライト) 1回
  • 2010年:家庭用脱毛器でのヒゲ脱毛(イーモリジュ) 月に2回ずつ
  • 2011年:脱毛サロンの光脱毛(契約したら倒産…)

という脱毛経歴を経たものの思うような効果を得られず、自身でメンズ脱毛専門サロンを開業したという次第です。

元々のヒゲの状態:拡大写真

元々の髭の状態拡大写真
元々のヒゲの状態:拡大写真

ヒゲの生えている間隔が1mmにも満たない感じで、太く毛量も多い… 典型的な『青髭』状態でした。

でも、これがきちんと綺麗になっていくので、「かなり濃い青髭に悩んでいる人』も自信を持ってください!

[box03 title=”悩み・期待”]
  • 毎朝入念にヒゲ剃りをしても夜にはびっちりと青髭になるのを解消したい
  • どうせヒゲ脱毛をするならスベスベを目指したい
  • 職業柄、肌を酷使する上に肌が弱い傾向がある
  • 仕事に支障がない状態で脱毛したい
[/box03]

ヒゲが薄めの人によるヒゲ脱毛は見かける機会も多いでしょうが、ヒゲが濃い人の挑むヒゲ脱毛としてご覧いただければと思います。

ヒゲ脱毛途中経過:10回目の施術後の様子

10回ヒゲ脱毛して10日経過した状態(IPL光脱毛)
10回ヒゲ脱毛して10日経過した状態
施術内容
光脱毛(IPL脱毛)
施術部位
ヒゲ全体
施術サロン
ナナイロ脱毛部
脱毛リスク
施術時の痛み・肌荒れ・毛嚢炎・硬毛化
使用機材
Water Light Optima-X Type-M
費用総額
約15万円(16回/1年8ヶ月) *10回施術後

元々かなりヒゲが濃いタイプでしたので、少し回数がかかりましたが、ヒゲ脱毛開始時と比較しても、ずいぶんヒゲの毛量・面積が減っている状態なのがおわかりいただけるかと思います。

私の場合は、8回目の施術後から急速に脱毛が進行して、9回目、10回目あたりではヒゲの伸びるスピードがかなり遅くなることが実感できる時期でした。

このくらいの状態になると、ヒゲ剃りにかかる時間が圧倒的に短くなるため、肌荒れもしにくくなったのが嬉しいですね。

ヒゲ脱毛では「ポップアップ」が発生するのが大事

ヒゲ脱毛に通っていて「思うように抜けない」人はチェックしてみてください。

IPL光を照射した直後に抜けた髭
光を照射した直後に抜ける「ポップアップ現象」

本来、医療レーザーでも脱毛サロンの光脱毛(IPL方式)でも光の熱エネルギーを用いた脱毛法では、施術から1週間くらい経過してから自然と抜け出すものです。

しかし、脱毛の回数を重ねるとある時期に『ポップアップ現象』といって、これまでの脱毛効果で弱っていた毛が、次に脱毛を受けた際に肌の表面に飛び出す現象が起こります。

[chat face=”icon-150×150.png” name=”ヨナガ” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]髭・ワキ・VIOといった毛の太い部位で起こりやすいですよ[/chat]

抜けたヒゲを拾い集めていたらキリがないくらいの抜け心地が体感できる、ヒゲ脱毛の醍醐味の時期と言えます。この心地よさはヒゲ脱毛を経験してみないとわからない感覚でしょう…。

ポップアップしてこなかったヒゲでも、1〜2週間くらいすると洗顔や入浴といった日常生活の中で自然に抜け落ちていきます。
*抜け落ちる=厳密には老廃物として毛穴から排出される状態。この際、痛みや刺激は伴わない。

[chat face=”icon-150×150.png” name=”ヨナガ” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]このくらいに仕上がればノンケなら大満足…という人もいますが…。[/chat]

もう少し脱毛の回数を重ねて仕上げていきます。

ヒゲ脱毛おしまい。16回目の施術後

脱毛終了時のヒゲの状態(2016年12月)
脱毛終了時のヒゲの状態(2016年12月)
施術内容
光脱毛(IPL脱毛)
施術部位
ヒゲ全体
施術サロン
ナナイロ脱毛部
脱毛リスク
施術時の痛み・肌荒れ・毛嚢炎・硬毛化
使用機材
Water Light Optima-X Type-M
費用総額
約15万円(16回/1年8ヶ月) *16回終了後

どうでしょう?
個人的には『ヒゲ脱毛に真剣に取り組んで良かった!』と思える効果があったと感じています。

ここまでくると、ヒゲ剃りの頻度は、1週間〜10日に1回くらいフェイストリマーで1分もかからないくらいで、産毛程度のヒゲが数本生える程度の仕上がりです。

では、わかりやすいように、ヒゲ脱毛を開始する前と後を並べてご覧ください。

並べて比較:ヒゲ脱毛

並べて比較:ヒゲ脱毛

すべての脱毛サロンで、同じような期間や回数でまったく同じ効果が得られるとは言い切れませんが…。
*効果には個人差があります。

脱毛サロンでもこのくらい変われるのって魅力的だと思いませんか?

医療レーザー脱毛ほど強い刺激を感じず、施術後のダウン期間がなくヒゲ脱毛を進められるのも魅力です。

まとめ:もっと早くにやってしまえば良かった

大手から地域密着型まで、脱毛サロンと言えども期待できる効果は様々です。

【ゲイ脱毛学園】をご覧になって、あなたに合った脱毛を受けるところを見つけ出していただけたら嬉しいと思っています。毎日のヒゲ剃りに縛られない生活、良いものですよ!

[chat face=”icon-150×150.png” name=”ヨナガ” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]人生の付加価値としてヒゲ脱毛して良かったですよ。目指せイケメン![/chat]
脱毛サロンで働く私のヒゲ脱毛、全部見せてあげる
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク